« キンボール大会2 | トップページ | 交流試合 »

2009年3月13日 (金)

『最後』と言う言葉

先週末は、武富士バンブー最後”のホームゲームでした。

正式には、3/7(土)のみ武富士バンブーのホームゲームで、3/8(日)
はパイオニアレッドウィングスのホームゲームになります。

時間が経っていますので、今更という気もしますが、とりあえず結果から。

3/7 対JT戦 16-25、20-25、16-25の0対3で敗退。

この日は、AVC&ANVCの練習日で、Vスコアも見られない状態。
練習の合間に結果を見たとき、「なに~!?」と思わず声が出て
しまいました。

プレミアリーグ無条件残留を目指すには、すぐ下位に位置しているJT
とは確実に差を開いておきたい所。

ホームゲームだし、まずは勝てるだろう思っていたので、思わぬ結果に
絶句です。

VリーグHPの戦評を見たら、前々週の東レ戦と同じようなことが書いて
あるし、まさかこのままズルズル、なんて最悪な事態に陥らないかと
ちょっと心配に・・・・。

しかし、翌日のパイオニア戦は25-23、25-18、24-26、25-22の3対1で
埼玉での最後の試合を見事勝利で飾りました。

この日は午前中にキンボール大会があり、早く終われば応援に行く
予定でしたが、間に合わなかったので、大会後の食事の時に携帯で
Vスコアをチラ見してました。

最初は、リードされていたので「今日もピリッとしないなぁ」と思って
いましたが、次に見たら第1セットを獲ってるじゃありませんか!!

その後第3セットは落とすものの、上位チームを下し今週も1勝1敗。
とりあえず順位は8位で変わらずとなりました。

さて、先週末の試合が武富士バンブーとしては”最後”のホームゲーム
となったわけですが、先日当ブログにもコメントを頂いたkaz10000さんや
kaz10000の観戦仲間の千酔亭さんのブログに気になる事が書いて
ありました。

乱暴な言い方になりますが、一言で言えば、まるで武富士バンブー
完全消滅するかの如くの扱いだと。

確かに今年の5月で廃部することが決まっていますが、チームとしては
全体移籍を第一の目標としていますし、BAMBOOを見守るファンも
どんな形であれ、チームが残る事を望んでいます。

今回、このブログでも”最後”という言葉をつかいましたが、それは
あくまでも”武富士バンブー”として”最後”という事。

私自身、”最後”という言葉を使うのには少々抵抗があります。
それは、チーム名が変わるだけで、チームは当然存続し、なおかつ
引き続き春日部を拠点として活動して貰う事を望んでいるからです。

チーム名が変わると言っても”BAMBOO”名称は残るかもしれません!

3/7のセレモニーを直接見た訳ではありませんので、細かいニュアンス
まで分かりませんが、kaz10000さんのブログで公開されている、永田部長さん
のスピーチの中で、「埼玉で存続できるように」との言葉がありました。

是非それが実現できるよう、チームスタッフの皆さんの健闘を祈るとともに
我々に出来ることがあれば、どんな些細なことでも協力したいと思います。

|

« キンボール大会2 | トップページ | 交流試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3150/28588939

この記事へのトラックバック一覧です: 『最後』と言う言葉:

» 所沢大会を振り返る その1 [千酔亭日乗]
「武富士バンブー」としては最後のホームゲーム。チアは今回で見納めになるかもと考えつつ会場へ向かう。所沢市民体育館への道はいつのまにか覚えた。ブロンコスのペナントが翻る道を歩きつつ、春日部をこうしたかったよな~と考える。この人も同じことを思っていたらしい。 ..... [続きを読む]

受信: 2009年3月13日 (金) 07時24分

« キンボール大会2 | トップページ | 交流試合 »